ドッグフードで塩分過剰摂取にならない?

ドッグフードで塩分過剰摂取にならない?

ドッグフードで塩分過剰摂取にならない?

ドッグフードで塩分過剰摂取にならない?

ドッグフードで塩分過剰摂取にならない?人間は塩分を過剰摂取すると、高血圧になることは有名です。

 

人の場合は自分自身で、食べるものをコントロールできますが、犬はそれができません。

 

飼い主が調整してあげないとならないのです。

 

ドッグフードにも、塩分は含まれていますが、これは栄養をバランスよく摂るためです。

 

人間にとってもそうですが、塩分自体は身体にとって欠かせない成分のひとつです。

 

ある程度摂取しないと、体のバランスに影響してしまいます。過剰摂取ももちろん体に悪いのですが、不足すると、それはそれで下痢や嘔吐などの症状を引き起こすなど、健康を阻害してしまいます。

 

よく犬の行動でみられる、「飼い主の手を舐める、犬が自分の足の裏を舐める、土を食べる」などの行動は、塩分を補給する行為とされています。このように本能的に塩分を摂ろうとしているため、不足しないように与える必要があります。

 

そのためにはドッグフードを見直してみましょう。その前にまず、愛犬の塩分摂取目安を知ることが大切です。大体ですが、体重1キロに対し、塩分は約50mgが適切な摂取目安とされています。

 

つまり、5キロのワンちゃんなら、250mgが1日の摂取目安です。ちなみに、最低必要量も割出すことができます。この場合は、体重1キロあたり約18mgとされています。過剰摂取をしてもいけないので、不足しないように過剰摂取しない程度の量を与えるようにしましょう。

 

基本的に良質なドッグフードであれば、適切な塩分量を摂ることができます。一方で、塩分が合成塩化ナトリウムを使っている場合は、身体の害になることがあるので注意が必要です。

 

原材料にこだわり、自然由来のものを使用しているタイプを選びましょう。たとえば、わかめや昆布など海藻類に含まれるのは天然のミネラル分なので体によく、良い塩分補給になります。

 

食塩や塩化ナトリウムなどの添加物にだけは気を付けるようにしてください。また、おやつなどの嗜好品食品にも塩分が含まれているので、過剰摂取にならないように1日の食事量をコントロールしてあげましょう。

▲TOP