ガーリック入りドッグフードの安全性

ガーリック入りドッグフードの安全性

ガーリック入りドッグフードの安全性

ガーリック入りドッグフードの安全性

ガーリック入りドッグフードの安全性愛犬の健康を考えてドッグフードを選ぶとき、重要なのは原材料です。

 

皆さんは原材料をチェックしていますか。

 

市販のドッグフードの原材料や成分表に、「ガーリック」または「ガーリック粉末」と記載されている、ガーリック入りのものがあります。愛犬家の皆さんならご存知の通り、犬にとってネギはいわば毒です。

 

ガーリック、つまりにんにくもネギの一種ですから、ガーリック入りのドッグフードは安全なの?と疑問を抱かれていないでしょうか。

 

ネギ類に含まれる硫化アリルなどの硫酸塩化合物が、犬の体によくないとされています。そのため、摂取してしまうと、中毒症状の原因になります。ではなぜ、ガーリック入りのものが販売されているかというと、犬齢によっては健康成分になるからです。

 

人の場合は硫酸化合物に対する耐性があり、血液サラサラ効果など健康効果があります。一方で、犬は耐性が弱いため、赤血球が破壊され貧血など中毒症状を引き起こす有害物質になります。

 

基本的に抵抗力がまだ低い子犬には与えてはなりません。ですが、成犬にとっては健康成分になると言われています。

 

ネギ類の中でもガーリックは比較的、硫酸化合物の含有率は低めです。そのため、摂取しても良い犬齢のワンちゃんにとっては、身体に良い成分に変わります。

 

たとえば、免疫力アップや疲労回復、ノミ・ダニ予防、毛艶改善などの効果に期待できます。欧米ではガーリック配合は非常にポピュラーになっているので、成犬に与えるのであれば、それほど気にする必要はありません。

 

ただ、与え過ぎや、犬齢や体質に注意してあげてください。どうしても不安がある方は、メーカーや獣医さんに相談しましょう。

▲TOP