ドッグフードの適切な保存・保管方法

ドッグフードの適切な保存・保管方法

ドッグフードの適切な保存・保管方法

ドッグフードの適切な保存・保管方法

ドッグフードの適切な保存・保管方法ドッグフードは愛犬にとって、健康のために重要な食糧になります。

 

ですから、品質の良いものを選ぶことが重要です。たとえば、無添加でグレインフリー、オーガニック系などのこだわって作られているものが良質です。

 

しかし、良質なドッグフードを購入したからといって、安心してはなりません。品質の良いドッグフードでも、その後の保存方法次第では劣化してしまい、ワンちゃんの体に負担をかけたり悪影響を与える原因になってしまいます。

 

たとえば、保存方法が悪く、酸化したり、カビが生えてしまうと、それは当然ながら体に悪影響になるので注意が必要です。

 

基本の保存方法は、

 

  • 直射日光があたらない暗い場所
  • 室温ともに湿度が低い場所

 

以上のふたつです。

 

ドッグフードにもよりますが、基本は上記の2つ。絶対に直射日光があたらない場所で保管してください。日光があたる場所では、アルミタイプで光を通しにくいとしても、製品の酸化や劣化の元になるので注意しましょう。

 

とくに室温と湿度が高い場所は向いていません。まとめ買いしたときなどは場所をとるので、冷暗の収納庫などに入れてしまうことがありますが、詰め過ぎると室温も上がるので気を付けてください。

 

水回りや洗面台の下にある戸棚なども適していません。キッチンや浴室などの湿度が高い場所は避けるようにしましょう。

 

ドッグフードのタイプ関係なく、どれも空気に触れるのはNGになるので、密封した状態にすることも大事です。一度開封して、完全密封が難しいときは袋を二重にしたり、小分けに密封容器に入れ替えるなどの工夫を施してください。

 

ウエットタイプなどは、基本的に開封後は冷蔵庫で保管するのが理想的になります。

 

添加物などが入っていないドッグフードほど酸化しやすいことがデメリットになるので、品質管理のためにも保存・保管の管理を徹底してください。

 

また、安いドッグフードですと添加物が多いため、品質が維持されやすいですが、犬の体にとっては添加物が仇となるので注意しましょう。

▲TOP