グレインフリーのドッグフードが良いと言われる理由

グレインフリーのドッグフードが良いと言われる理由

グレインフリーのドッグフードが良いと言われる理由

グレインフリーのドッグフードが良いと言われる理由

グレインフリーのドッグフードが良いと言われる理由当サイトでは、さまざまな種類のあるドッグフードの中でも、「グレインフリー」というタイプを推奨しています。

 

グレインフリーをすすめているのは、このサイトのみではありません。

 

専門家でもグレインフリーをおすすめしていることもありますし、一般的に愛犬の健康を考えたときは、グレインフリーが良いとされています。

 

そもそも、「グレインフリー」とは、一体なんのことか。そこから、グレインフリーが良いという理由について、ここでは解説したいと思います。

 

まず、グレインフリーとは、”穀類を配合していないこと”をあらわします。小麦やとうもろこし、米などの穀類不使用のものが、グレインフリーのドッグフードとなります。

 

それでは、なぜ、穀物類が入っていないものが、愛犬のドッグフードに良いと言われているのでしょうか。犬にもアレルギーがあり、穀物アレルギー疾患の対策にもなります。

 

穀物類にはたんぱく質が含まれていて、これは栄養素のひとつですが、アレルギーを起こす因子が強い傾向にあるのが特徴的です。とくに、チワワやダックスフントといった犬種は小麦アレルギーを起こしやすいとされています。

 

他にも、何らかのアレルギー体質があると危険ですし、皮膚炎や湿疹、下痢の症状があるときには、穀物類は控えるべきとされています。

 

このようなアレルギー問題だけが、グレインフリーが良いとされる理由ではありません。漠然としていますが、健康維持のために、グレインフリーが良いと言われています。

 

もう少し、具体的に解説させていただきます。今ほどペット用のフードが普及していなかった時代、昔は家庭の残飯を与えることも少なくありませんでした。しかし、世界中の研究によって、愛犬の健康維持のために良い食生活が少しずつ解明され、穀物類は消化吸収するためのアミラーゼという酵素の分泌量が犬は少ないことから、犬にとってあまりよくない原材料とされるようになりました。多量摂取していると、そのうち胃腸に負担をかけてしまうのです。

 

犬の体質からみて、グレインフリーのドッグフードは健康に良いとされています。ちなみに、グレインフリーのドッグフードでは、主に肉や魚を原料に使用しています。

 

肉にも種類があり、一般的には鶏や牛が使われますが、低アレルゲンである羊肉や鹿肉を採用したドッグフードもあります。魚でいうと、主に鮭やタラが使われています。どちらにしても消化吸収に良いため、余計な負担をかけない食事になります。

▲TOP