海外製のドッグフードは大丈夫?輸入方法とは?

海外製のドッグフードは大丈夫?輸入方法とは?

海外製のドッグフードは大丈夫?輸入方法とは?

海外製のドッグフードは大丈夫?輸入方法とは?

海外製のドッグフードは大丈夫?輸入方法とは?なんとなく漠然と、ドッグフードも国内産が良いというイメージを持っていませんか。

 

しかし、ドッグフードは海外製品も多く流通しています。

 

ドッグフードに関しては、国内産がよく海外製はダメとは一概に言えません

 

世界的にみると、ペットに対する意識は日本よりはるかに高い国もあります。そのため、他国では犬の健康をよく考えて作られているドッグフードも多く、安全なものもたくさんあります

 

極端な話、国内産でも安価のものは安全とは言えません。たとえば、イギリスやスウェーデン、カナダやアメリカではペットフードに関して、原材料・製法の規定が厳しくなっているため、日本よりも安全性の高いものも実は多いのです。

 

それでは、安全性の高い海外製ドッグフードをどのように入手するのか、ですが、輸入するしかありません。輸入方法は大きく分けて、「正規輸入」と「並行輸入」というルートがあります。

 

正規輸入

製造メーカーの正規代理店として認証された店舗から受注と発注を行います。もっとも最短の輸入ルートになります。

 

輸入後は代理店がメーカーの規定に従い、品質管理を行います。ドッグフードはメーカーにより、気候に適して微調整しているため、新鮮なフードを輸入することが可能です。

 

並行輸入

正規代理店ではなく独自ルートにより輸入する方法になります。メーカーが直接関わるわけではないため、輸入するまでに業者の仲介が多く、時間がかかります。なお、現地での管理体制は明確になっていないところが難点です。

 

こういった方法から、正規輸入に比べると、品の消費期限が短いこともあります。

 

以上の2つのルートを比較すると、正規輸入の方が安全性が高いと言えます。品質の管理などを考えると、良質なドッグフードを輸入するなら正規輸入のルートをとった方がいいでしょう。

 

また、アウトレットやセールで安くなっていることもありますので、詳しくは販売店をこまめにチェックしてみてください。

▲TOP