ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードの違いドッグフードとキャットフードの違いといえば、犬用・猫用と分かりきったことが真っ先にあげられます。

 

愛犬のためにわざわざキャットフードを買うことはないと思いますが、犬と猫を一緒に飼っているご家庭では、誤って犬がキャットフードを食べてしまうこともありますよね。

 

そもそも、ペットのフードがそれぞれ分類されているのは、各動物の体質に適した栄養バランスになっているからです。

 

ドッグフードは犬の体質、キャットフードは猫の体質を考えて作られています。

 

具体的にいうと、主原料に違いがあります。一般的にドッグフードは肉が主原料に使われていることが多く、キャットフードは魚がメインになっています。

 

この違いは栄養価にも違いがあります。

 

まず、犬にとって必要な主な栄養素の順番は「たんぱく質⇒脂質⇒炭水化物⇒水」となっています。たんぱく質に関しては、人間に比べ2倍前後が摂取目安とされています。

 

穀類であるグレインフリーが理想的とされていますが、適度にイモ類などの炭水化物も必要になっています。

 

一方、猫の方は犬よりたんぱく質と脂質が必須とされています。また、タウリンの配合量に大きな違いがあり、キャットフードは主にタウリンを豊富に含んでいます。実はタウリンは犬の体内では作られるのですが、猫の体内では生成されないからです。

 

他にも味付けやカロリーに違いがありますが、大きな違いはやはり、栄養バランスです。少しくらいなら、犬が誤ってキャットフードを食べてもそれほど問題はありません。

 

しかし、キャットフードを頻繁に食べるなど常習化してしまうと、栄養バランスが悪くなってしまいます。とくにたんぱく質と塩分を過剰摂取してしまい、腎臓疾患や肥満のリスクが増大してしまいます。

 

栄養に違いがありますから、猫と一緒に飼っている場合は注意して観察してください。犬が誤ってキャットフードを食べないように工夫したり、しつけを行いましょう。

▲TOP