下痢の症状はドッグフードが原因?

下痢の症状はドッグフードが原因?

下痢の症状はドッグフードが原因?

下痢の症状はドッグフードが原因?

下痢の症状はドッグフードが原因?愛犬は大切な家族。健康で長生きしてほしいですよね。

 

ワンちゃんは言葉を発せないので、様子を常に観察してあげることが健康維持に重要です。

 

愛犬の便通が悪くなっていると、心配になりますよね。

 

便秘もつらそうにしていますが、下痢も大変そうです。自分たちが下痢になったときも、とてもつらい症状で大変な思いをするように、愛犬たちも症状に悩んでいるのです。

 

愛犬がなぜ下痢になるのか、その原因はいろいろとありますが、ひとつが、「ドッグフード」に関することです。

 

  • 今与えているドッグフードが体質に合っていない
  • 食べ過ぎ
  • ドッグフードが劣化している

 

など。

 

ドッグフードの関係で、下痢になることも少なくないようです。

 

私たち人間も下痢になる原因に、食生活があります。食生活が乱れていたり、消費期限がきれたものなどを食べたときに、お腹を下すことがあります。理論的には、それと同じです。

 

まず、ドッグフードを変えたときに下痢になることがあります。これは、ドッグフードが合っていないか、食物不耐性が原因です。

 

食物不耐性になっていると、ドッグフードの原材料が合わず、過剰反応を起こして、その症状のひとつとして下痢になることがあります。

 

品質の良いドッグフードでも、急に切り替えることで下痢になることがあります。今までのドッグフードに少しずつ混ぜるなどして切り替えていくと、ワンちゃんの体の耐性もつくようになります。

 

また、ドッグフードの保存や管理にも気を付けましょう。とくにワンちゃんに良い無添加やオーガニック系は、気を遣って品質管理を行う必要があります

 

添加物が入っていない分、食品は劣化しやすい状態です。開封すると、酸化が早くなります。季節にもよりますが湿度の高い時期は厳重に注意するべきです。

 

もしも、ドッグフードが酸化したり、カビが生えていると、胃腸障害の原因になります。消費期限を確認し、保存方法も徹底しましょう。

 

一度に食べきれないサイズのドッグフードであれば、小分けに密封の袋に小分けにするなどして、直射日光を避けて保存するようにしましょう。

 

それから、食事の際に残してしまった場合、それを放置することも危険です。あまりに時間があいたときには、替えてあげましょう。

▲TOP