ドッグフードの賞味・消費期限について

ドッグフードの賞味・消費期限について

ドッグフードの賞味・消費期限について

ドッグフードの賞味・消費期限について

ドッグフードの賞味・消費期限についてドッグフードにも、賞味期限や消費期限があることをご存知でしょうか。

 

私たちが食べるものと同じように、犬が食べるドッグフードにも期賞味期限や消費期限が設けられています。

 

期限の長さについては、ドッグフードのタイプによっても異なります。もっとも長期的に保存しやすいのが「ドライタイプ」のドッグフードです。

 

ドライタイプは水分量が10%以下となっている乾燥したタイプであるため、水分量が多いものに比べると、雑菌やカビの発生リスクも低くなります。

 

未開封であれば、冷暗所でそのまま保管しておくことが可能です。直射日光を避けて保存することにより、劣化を防ぐことができます。

 

ドッグフードの袋に記載されている消費期限は必ず守るようにしてください。期限が大幅に過ぎている場合、未開封だとしても鮮度が落ちているので注意しましょう。

 

とくに、開封後は期限に縛られないように、できるだけ早めに使い切るのが理想的です。空気に触れることで急激に酸化しやすくなりますから、なるべく持ちを良くするためには、密封容器にうつすなどの工夫を施しましょう。

 

ちなみに消費期限については、メーカーにもよりますが、大体1~2年ほどと設定されています。開封後は1ヶ月以内を目途に、消費するようにしてください。小分けの未開封容器や袋などに入れ替えておくと、酸化対策になります。湿度や室温の影響も受けるので、保管は徹底的に管理することが重要です。

 

ドッグフードも安いときにまとめ買いしたり、大容量のお得サイズを購入することもありますが、このときは使用期限をスケジュール管理して、小分けにしておくなど、とにかく消費期限以内に使い切れるように計算しましょう。

 

また、ドッグフードによっては、酸化防止剤などの添加物を使用することで消費期限を長持ちさせるように作られているものがあります。

 

この場合、実際に品質の持ちは良いのが、添加物が健康を阻害する元になります。これでは、愛犬の健康にとって本末転倒ですから、保存は大変になりますが、無添加であることを前提に選びましょう

▲TOP