安価のドッグフードに注意

安価のドッグフードに注意

安価のドッグフードに注意

安価のドッグフードに注意

安価のドッグフードに注意最近はドッグフードもさまざまな種類が出ています。

 

大型のペットセンターはもちろんですが、店舗でも何種類ものドッグフードを取扱っています。

 

そこでご質問ですが、皆さんは何を基準にドッグフードを選ばれているでしょうか。

 

コストパフォーマンス、ですか?やはり安いに越したことはありませんし、値段に目がいってしまうものです。ペットの飼育にはお金がかかります。トイレシートやワクチン、治療費、検診代、トリミングなど、出費が多々あるため、どうしてもどこかで節約しようと考えたくなります。

 

しかし、ペットのことを考えるのであれば、ドッグフードで節約しようと考えるべきではありません。ドッグフード選びで、価格も気になるのですが、それを最優先に選ぶことはおすすめできません。

 

そもそも、ドッグフードが破格の安価になっているのは、原材料からコストを削減しているからです。原材料のコスト削減により、安価での販売価格が実現しています。

 

たとえ、国産仕様のドッグフードでも、安価では安全性があるとは言えません。昔は犬に残飯を与える家庭も多かったのですが、それから研究が進み、犬に良い栄養と悪いものが判明し、ペットフードも変わってきています。

 

安価のドッグフードについては、はっきり言って品質が悪いと考えられます。原材料には、肉を使用しているとはいえ、健康の害になる「肉副産物」を使用していたり、犬が消化しにくい穀物類を使っているもの、合成系の栄養素を配合しているもの、添加物が試用されているなど、犬の健康を考えるとちょっと避けたい原材料が使われているところが安価のドッグフードの注意点になります。

 

大切な家族のためですから、ドッグフードは無添加であることが一番大切で、グレインフリーなど体に良いものを選ぶべきなのです。愛犬の健康を考えるのであれば、コストパフォーマンスよりも品質を最優先事項で選ぶようにしてください。

▲TOP