アレルギーなど皮膚疾患に良いドッグフード

アレルギーなど皮膚疾患に良いドッグフード

アレルギーなど皮膚疾患に良いドッグフード

アレルギーなど皮膚疾患に良いドッグフード

アレルギーなど皮膚疾患に良いドッグフード犬にも病気はあり、犬種によって発症しやすい疾患には違いがあります。

 

ですが、総合的に犬に多い疾患というのが、「皮膚疾患」です。

 

皮膚の赤みや抜け毛、かゆみなどの症状が、皮膚のアレルギー症状の特徴です。

 

毛づくろいをしていたり、かゆそうにしているなど、愛犬の行動で症状を見逃さないようにしてあげてください。皮膚疾患の疑いがあるときには、早めにかかりつけの獣医さんにみてもらいましょう。

 

原因がアレルギーと考えられる場合、血液検査によってアレルゲンを特定します。特定されたときには、そのアレルゲンを摂取しないように気を付けてください。

 

ドッグフード選びでは、必ずアレルゲンが入っていないことを前提に選びましょう

 

また、皮膚アレルギーを対策することも大切です。そのためにはドッグフードを見直しましょう。一般的にドッグフードはさまざまな種類が流通していますが、安全性と品質の高いものを選ぶようにしてください。

 

症状が出ているときには、獣医さんに相談してみると、良いドッグフードを教えてもらうこともあります。そちらを試してみて、もし体に合っていないようなら獣医さんにもう一度よく相談してください。

 

アレルギー対策としては、やはり「無添加」と「グレインフリー」が条件になります。添加物は皮膚だけでなく健康の害になります。化学合成物質がアレルゲンであるなら、とくに添加物には注意すべきです。皮膚が触れるベッドなども見直す必要がありますが、ドッグフードはオーガニックの無添加にしましょう。

 

100%無添加のオーガニックなら体にやさしく、各栄養素により免疫力アップにもなります。

 

グレインフリーとは、穀物類を一切使用していないドッグフードです。犬は穀物類を消化する酵素が著しく少ないため、体に負担をかけないためにも、グレインフリーがおすすめです。

▲TOP