良質なドッグフードは「無添加」が基本

良質なドッグフードは「無添加」が基本

良質なドッグフードは「無添加」が基本

良質なドッグフードは「無添加」が基本

良質なドッグフードは「無添加」が基本愛犬にはいつまでも健康で、できるだけ長生きしてもらいたいものです。

 

一生一緒に居れないと分かっていても、できるだけ同じ時間を過ごしたいですよね。

 

そのために、飼い主ができることはたくさんあります。

 

そのひとつが、ドッグフードについてです。毎日のご飯、考えてあげていますか。安価のもので、添加物や犬の体に悪いものが入っているものは、健康に悪影響を与えてしまいます

 

良質なドッグフード選びには、いろいろと条件がありますが、大前提となるのが「無添加」であることです。私たち人間にとっても、添加物というのは体に良くありません。

 

添加物は食品管理上、必要なこともありますが、健康に対しては害になる物質です。

 

とくに安価のドッグフードは添加物を使用しているものが多いです。大袋で数キロの大容量タイプで、よく安いものがありますが、それは注意してください。

 

コストパフォーマンスがよくても、長持ちさせるためなどに添加物が使用されています。ドッグフードは開封するとカビなどの発生や酸化しやすくなるため、酸化防腐剤などをよく使用していることが多いです。

 

また、酸化防止剤も使用しているケースが多く、原材料には、BHAやBHTと表記されていることもあります。その他にも、着色料や甘味料に注意してください。

 

たとえば、赤色2号や青色3号といった合成着色料や、人工甘味料など。人工甘味料については、犬の血糖値を下げるリスクもありますので、注意してください。

 

いずれも天然系の栄養成分が使われているものは安心です。無添加のドッグフードは保存・保管を慎重に行わなければなりませんが、愛犬の健康を考えるのであれば、無添加は必須です。

 

また、ドッグフードだけでなく、おやつをあげるときには、おやつの品質にも注意してあげてください。

▲TOP